中耳炎とは

中耳炎とは急性、滲出性、慢性等に分類されます
耳が痛いゾウ

中耳の構造
鼻と耳は耳管と呼ばれる管によってつながっています。
耳管は中耳の気圧の調節などに重要な役目を持っています。



1.急性中耳炎

急性中耳炎のしくみ

急性中耳炎は主に風邪などの炎症が原因で膿が鼻の奥の方にある耳管と呼ばれる管を通って中耳に広がり炎症を起こすもので、
子供では風邪の合併症として非常に多い病気です。

耳痛、難聴、耳の詰まった感じなどが主な症状ですが、小さなお子さんは自分で症状が訴えられない為、
お母さんが気付きにくい場合があります。
風邪のひき終わりに急に高い熱が出たり、微熱が続く場合、不機嫌だったり、耳をいじったりする場合は要注意です。

以前は抗生物質の投与で比較的早く治る病気でしたが、最近抗生物質(菌を殺す薬)の効きにくい耐性菌が蔓延し中耳炎も治りにくくなってきております。特に乳幼児(0歳~2歳)のお子さんは、菌に対する抵抗力(免疫力)も弱く鼻をかむこともできないため簡単に鼻から耳へ感染を起こしなかなか治りません。

そのため菌への抵抗力のつく
2歳頃までは中耳炎を反復することが多いですが、
成長に伴って免疫力がつくに従い、徐々に中耳炎にかからなくなってきますのであきらめずに治療をすることが必要です。
また0歳~2歳くらいのお子さんを保育園などの集団保育に通わせる場合と抵抗力がつくまでの間、
しばらくは中耳炎を繰り返すとことが多く注意が必要です。

治療法としては適切な抗生物質の投与と重症の場合は鼓膜切開(鼓膜に小さな穴を開けて中に溜まっている膿を排出する処置)を行います。
切開しますと中耳内の膿が減り症状も改善しますが、鼓膜は比較的早く閉じるため、
時間がたつと再び症状が悪化する事があり切開を繰り返し行う場合もあります。
しかし急性中耳炎を放置しますと、さらに治りにくい滲出性中耳炎の状態になりますので、
急性中耳炎の状態のうちにきちんと治し後遺症の残らないようにしておく必要があります。

見た目ではいったん症状が落ち着いたようにみえても中耳内の菌は簡単には消失しませんので、
完治するまできちんと耳鼻咽喉科に通院を続けることが重要です。

2.滲出性中耳炎

滲出性中耳炎のしくみ

急性中耳炎と同様に子供に多い病気ですが、急性中耳炎とは違い滲出性中耳炎は特に痛がることはありません。
そのため子供自身はほとんど症状を訴えることもなく、お母さんは気がつきにくい病気です。
しかしよくみると呼びかけに反応しないなど、軽度の難聴の症状があったり、耳のつまった感じが起き、よく耳をいじったりします

滲出性中耳炎の原因としては急性中耳炎の不十分な治療や、副鼻腔炎やアレルギー性鼻炎などの鼻の病気が原因で耳管の機能が傷害されるためおこります。

治療は薬が中心ですがそれ以外に鼻から耳管に空気を通したり、鼓膜切開を行い中耳の液を除去したり、
チューブを鼓膜にはめ込んで中耳に液がたまらないようにする方法などがあります。
もちろん原因となっている鼻の病気の治療もあわせて行います。

しかし治療は一般的に長期間かかり途中で治療を中断する場合もみられますが、
そのまま放置すると慢性中耳炎や真珠腫性中耳炎などの病気に進展し難聴、めまい、耳鳴りなどの症状が改善せず手術の必要な状態になる場合があります。
しかし大半のお子さんは小学校高学年くらいの年齢になると徐々によくなってきますので、
それまでの間は根気強く治療を続けることが必要です。

Copyright (c) 医療法人社団 うえはら耳鼻咽喉科クリニック All right reserved.