睡眠時無呼吸症候群とは

スースースー

睡眠時無呼吸症候群は睡眠中に1時間に10秒呼吸が停止する回数が平均5回以上、ないしは一晩(7時間)の無呼吸回数が30回以上の場合をいいます。新幹線の居眠り事故で有名になりましたが、居眠り運転などの交通事故の原因として非常に重要です。
また無呼吸によって夜間の酸素不足から
高血圧、不整脈、心臓病などの様々な合併症も起こします


睡眠時無呼吸症の原因
この病気は喉の中の咽頭と呼ばれる部位が構造的に狭い場合に、さらに緊張がゆるんで舌がのどの奥の方へ落ち込んで、
呼吸の通り道が完全に閉塞して起こる場合が多いといわれております。
これを閉塞型睡眠時無呼吸症とよび、閉塞型が無呼吸症の多くを占めています。
このほかに脳などの中枢疾患によって起こる場合は中枢性、両者が混在している場合を混合性と呼んでおります。
閉塞型の無呼吸症の原因としてもっとも重要なのは肥満です。
肥満によりのどが構造的に狭くなるため無呼吸が起きやすくなります。
またアルコールや薬物などで緊張がゆるむと無呼吸が起きやすくなります。


睡眠時無呼吸症の症状

いびき
日中の強い眠気
日中の倦怠感、頭痛
夜間の中途覚醒、夜間の頻尿
のどの違和感、渇きなど


睡眠時無呼吸症の治療
* CPAP治療 
鼻にマスクを装着し、鼻から空気を入れて圧力をかけ無呼吸をおこしている閉鎖部位を広げる治療法です。
現在自動的に圧が調整される自動CPAPが普及しております。
欠点として装着に伴う不快感があること、鼻の疾患がある方は十分な圧がかけられない可能性があることなどが考えられます。
現在では無呼吸症の治療のなかでもっとも普及しております。
ただ根本的に無呼吸を治しているわけではなく、あくまで対症療法であるため、肥満などの原因を解決しないかぎり治療は続けなくてはなりません。


* 外科療法(耳鼻科の手術)
無呼吸の原因は主に咽頭の舌の付け根付近や扁桃の付近が狭くなることにより起こります。
そこでのどを手術により広げて無呼吸を治してしまおうというのが手術治療です。

したがって扁桃肥大のある場合や形態上手術により改善が期待できそうな方に限定されますが、半数の方には有効でCPAPをやめることができるといわれております。


* 歯科治療
マウスピースを作成し舌がのどの奥の方に移動するのを防ぎ無呼吸を減らす治療です。
(歯科へ紹介になります)


<無呼吸症候群について Windows Media>
(※動画の読み込みに少々お時間がかかることがあります)

Copyright (c) 医療法人社団 うえはら耳鼻咽喉科クリニック All right reserved.