花粉症とは
花粉症は文字どおり花粉によって起こるアレルギーです。
日本ではスギ花粉が有名ですが、北海道の場合は道南の一部を除いて
スギ花粉はほとんど飛びません。
そこで3つが花粉症の原因になります。


1シラカバ花粉
シラカンバ(カバノキ科)

ハンノキ(カバノキ科)


釧路では4月の下旬くらいから飛び始め6月初めまで飛散します、果物アレルギーを合併しやすいため要注意です


2イネ科花粉
カモガヤ(イネ科)

オオアワガエリ(イネ科)


5月の中ごろから飛び始めますが6月、7月がピークとなります、オオアワガエリやカモガヤなどが代表的です
牧草地などでは注意が必要です


3ヨモギ花粉
ブタクサ(キク科)

オオヨモギ(キク科)


お盆前後から秋にかけて飛ぶ花粉です、キク科の植物で菊にも要注意です、道端や荒地によく生えています


症 状
くしゃみ、鼻水、鼻づまり、眼のかゆみが主な症状です
※その日の天気などにより症状に差がでます
くしゃみだぞう

季節に一致して鼻や目の症状がある方は詳しい検査が必要です

治 療
基本的には花粉の季節に薬を飲むことになります。
季節の少し前から予防的に薬を飲むと花粉の季節の症状が軽くてすむと言われており、当院でも患者さんにすすめております。

Copyright (c) 医療法人社団 うえはら耳鼻咽喉科クリニック All right reserved.