検査紹介

●耳鳴り検査 
耳鳴を持っている患者様に対し、耳鳴の高低や大きさを調べて音の種類を特定していく検査です。
●自記オージオ
患者様(被験者)の押したボタンに反応して、検査音が自動的に増減します。難聴の鑑別ができます
●語音聴力検査
ことばの聞き取りや聞き分けの程度を調べる検査で、数字とことばの二種類があります。
●内耳機能検査
音の強さの変化を聞き分ける検査です。
●耳小骨筋反射(レフレックス)
耳の聞こえに関する神経の異常を検査します。