めまい


(気になる質問をクリックして頂ければ、回答を見ることが出来ます。)

Q:時々めまいがして立っていられなくなります。脳外科に先日受診したところ異常なしといわれ耳鼻咽喉科に受診を勧められました。特に耳には異常ないのですが耳鼻咽喉科ではどのような検査をするのでしょうか?

A:
人間の平衡感覚は耳の一部分の内耳と呼ばれるところにある三半規管と耳石器(じせきき)で感知されます。三半規管は回転などの感覚を、耳石器は直線加速度を感知するといわれております。そのほかに目からの情報と足などから入る感覚の情報が脳の中で処理されて自分の位置や状態を認知するような仕組みになっています。めまいの病気の約70%は耳鼻咽喉科領域の異常でおこるめまいといわれております。耳鼻咽喉科で行うめまいの検査は聴力検査、眼の動きをみる眼振検査(がんしん検査)、さらに耳に冷たい水を入れて軽いめまいを起こして、そのめまいの強さを細かく調べる検査などを行います。それによって三半規管がどの程度機能しているかが判断できます。めまいの病気は半規管の機能が低下してめまいが起きる場合や、耳石器の石が移動してめまいが起きる場合など様々です。めまいはお薬のみではなかなか改善しませんので、病院できちんと検査をし病名をはっきりさせておいた方がいいのではないかと思います。


Q:めまいで病院に通院中です。最近大分落ち着いているのですが病院で検査を受けるとまだめまいの兆候がでているとのことです。自覚症状がなくなれば通院を中断してもいいでしょうか?

A:
めまいが起こると勝手に目が動きます。眼振(がんしん)と呼ばれ眼振が出ている場合はまだ三半規管に何らかの異常が残っていることが考えられます。自覚症状として感じないのは脳が次第に慣れてくるためで平衡感覚自体が完全に回復しているわけではありません。ですから高所などの作業やバランス感覚を必要とする作業などはトラブルになる可能性があります。高齢者の場合ですと転倒などの危険もあり、冬場は路面も滑りやすいので特に注意が必要です。三半規管の機能はリハビリなどが必要で時間がかかります。特に高齢者の場合は回復まで時間がかかりますのでそれまでは通院しておいたほうがよいでしょう。


Q:めまいで病院にかかっており薬を続けておりますが、時々ひどいめまいがして動けなくなります。めまいが起きるのが怖いので外出もできず座っているか寝ているかの毎日です。めまいを起こらなくするにはどうすればいいのでしょうか?

A:
眩暈発作が起きるとしばらくは動くと眩暈がひどくなるため安静にしている必要がありますが2,3日で発作は収まりふらつきなどの症状がメインになります。このような時に眩暈を恐れて動かないでいるとかえって眩暈が長引くこととなります。フィギャースケートの選手は氷の上で高速で回転してもふらつかないのでは訓練により三半規管が刺激されてもめまいがしないように脳をトレーニングしているのです。めまいの患者さんも視線を動かしたり、首を動かしたり、立ち上がったり歩行したりすることにより三半規管が刺激され、脳の平衡感覚のリハビリがすすみます。したがって怖がらずに少しずつでもよいですから日常の家事などで体を動かしてみてください。
もし不安でしたら病院で医師に相談してみてもよいでしょう。


Q:耳が原因のめまいといわれてお薬を飲んでいます。もう1か月以上になりますがふらつきがなかなかとれません。なるべく安静にして仕事も無理しないようにしておりますが、めまいに効果のあるお薬はほかにないのでしょうか?

A:
耳は聴覚と平衡感覚の2つの機能をもっています。平衡感覚は三半規管と呼ばれる場所で主に感知されます。めまいの原因は三半規管の異常によるものが最も多くめまいの7割を占めるといわれております。三半規管のめまいの特徴は回転性が多いこと、頭の動きによって誘発される場合が多いこと、数分から長くても半日でめまいの発作は収まること、吐き気などを伴い比較的激しいめまいが多いこと、時々難聴や耳鳴りなどが随伴することなどがあげられます。めまい発作の時はなるべく安静にしている必要がありますが2,3日して落ち着いたら逆に頭を積極的に動かして三半規管のリハビリをする必要があります。めまいが起きて三半規管の機能が低下しても、リハビリをすることにより残った機能で平衡感覚を補ってくれます。安静にしたままですと三半規管が刺激されず逆にふらつきが残ってしまうのです。高齢者でめまいが治りにくいのは加齢による運動機能の低下で三半規管への刺激も少なくなるため三半規管の機能が回復しづらいのです。フィギャースケートの選手があれだけ早く回転してもふらつかないのは練習で平衡感覚を感じる脳をトレーニングしているからなのです。ですからお薬だけに頼らず頭を動かす体操などを行うとめまいの回復が早くなりますのでおこなってみてはいかがでしょうか。詳しくは病院で聞いてみてください。


Q:50歳前後からめまいが起き始め昨年耳鼻咽喉科に受診したところ良性発作性頭位めまい症と言われました。一旦はよくなりましたが、その後時々同じようなめまいを繰り返します。予防方法などはあるのでしょうか?

A:
耳は聴覚以外に三半規管と耳石器と呼ばれる器官によって体の平衡感覚を保つ働きがあります。良性発作性頭位めまい症は耳石器にある小さな石が三半規管に入り込み、頭を動かすことにより入り込んだ石が動いて発症します。治療としては入り込んだ石を元の耳石器に戻す理学療法を行いますがしばしば再発し、特に中高年の女性に起こりやすいといわれております。閉経後の女性ホルモンの低下によって骨粗しょう症などが起きやすくなりますが同時に耳でも耳石がはがれやすくなるという報告があります。一度検診などで骨粗しょう症などが合併していないかチェックしてみてはいかがでしょうか。また寝たきりなどで常時横になっていたり、睡眠時に同じ姿勢で寝ている傾向があるとこの病気にかかりやすくなると言われております。寝返りをするようにして左右に首を動かす運動をすると予防効果があるといわれておりますので行ってみてください。


Q:1年前からめまいで耳鼻咽喉科にかかっており薬を服用していますが、まだふらつきなどがとれません。年のせいでしょうか?

A :
前庭神経炎などで三半規管などが障害を受けてめまいが起こる場合は徐々に障害された平衡感覚を脳が補うように機能するようになります。この機能を生かすにはむしろ積極的に体を動かしリハビリをする必要があります。脳梗塞の方などがリハビリするのと同様に残った平衡感覚を鍛えてあげる必要があります。めまいが怖くてなかなか動くのを嫌がる患者さんも多いのですが、かえってふらつきなどの症状を長引かせることになります。また安定剤などリハビリによる回復を妨げるような薬に頼りすぎるのもよくありません。ある程度動けるようになったら積極的にリハビリに取り組んでください
具体的なリハビリの方法については耳鼻咽喉科の医師に相談してください 。


Q:私は現在メニエール病といわれ、耳鼻咽喉科に通院中です。天気の悪い日はなぜかめまいが起きることが多いのですが、最近はめまい発作もなく調子はいいので薬もやめてみたいのですが大丈夫でしょうか。

A:
メニエール病はめまいの他に難聴と耳鳴りを伴う病気です。最初は激しいめまいが起きて恐ろしい思いをしますが、何年かたつとふらつきはあるものの徐々にめまいは軽くなっていきます。しかしこれはメニエール病が治ってきたわけではなく、逆に難聴と耳鳴りは徐々に進行していき回復が難しくなっていきます。同時に耳の詰まった感じや音が耳に響くような不快な感覚も起きてきて補聴器をつけても合わせにくくなったりします。めまいが軽くなっても難聴が進んでいないか聞こえの検査でチェックしたり、治療を継続されることをお勧めいたします。またメニエール病は心身症の一部とも言われておりストレスが大きな悪化要因になるほか気圧が関係し低気圧が来ると発作が起きやすくなったりします。
従って生活習慣を改善しストレスをためないようにすること、また有酸素運動がめまい、難聴に効果があるとも言われておりますので、お薬ばかりではなく運動なども行ってみてはいかがでしょうか。


Q:先日めまいがして耳鼻咽喉科の病院に行ったところ良性発作性頭位めまい症」といわれました。ベットの上で1回転するリハビリをやるように勧められ1週間程で治りました。また同じようなめまいがしたので同じリハビリ体操をしましたがよくなりません。違う病気なのでしょうか?

A:
良性発作性頭位めまい症は頭を動かした直後に2,3分という短い時間めまいが起きる病気です。耳の奥には聞こえに関係した蝸牛(かぎゅう)と呼ばれる部位と平衡感覚に関係した三半規管(さんはんきかん)と前庭(ぜんてい)という部分があります。この病気は前庭にある耳石(じせき)と呼ばれる小さな石が隣にある三半規管に誤って入ってしまい、頭が動いたときに耳石が半規管の中を移動することによって半規管が刺激をうけてめまいが起きる病気です。耳石の移動が止まるとめまいは止まるため多くは1分程度でめまいは止まります。ただ再び頭を動かすとめまいが再発するため多くの患者さんはなるべく頭を動かさないようにして病院にこられます。治療は薬だけではだめで理学療法を行います。病気のある側から反対側へ徐々に頭を動かして耳石をもとの前庭に戻す治療です。何回か繰り返すと1,2週間でなおります。再発することも多いのですが半規管は左右に3つ合計6つあり同じ半規管に耳石が入るとは限りません。どこの半規管に耳石が入るかによってリハビリの仕方は全く違うのでやはり一度耳鼻咽喉科に受診されてはいかがでしょうか。


Q:最近80歳の母がふらつきが強く歩くこともままならない状態になってきました。回るようなめまいはないのですが病院受診したほうがよいでしょうか?

A:
平衡感覚は耳の三半規管、視力、足や体幹の筋力など様々に関係しており、加齢に伴ってそれらが全体的に機能が落ちてくるとふらつきの症状になります。65歳以上の高齢者の実に2割にこうした症状があり、これらを放置すると転倒、骨折の原因となり寝たきりになるリスクがあるため十分な対策をとる必要があります。三半規管は80歳では20歳の時の半分くらいの機能しかなく残った機能をフル活用して平衡感覚を保っていますが、三半規管を使わない生活を送っていると機能の低下が早まり回復しなくなります。リハビリテーションによって機能を回復させる必要があります。寝たり起きたりの動作を繰り返したりよく首を動かしたりゆっくりでも歩いたりしながら無理なくできる範囲で行ってください。病院受診し現在の平衡機能の状態を検査してもらいリハビリテーションなどについて相談してみてはいかがでしょうか。


Q:めまいで耳鼻咽喉科に通院しております。同じ薬を継続していますがよくなったり悪くなったりを繰り返しております。薬を服用する以外に治療法はあるのでしょうか?

A:
めまい症は平衡感覚に関係した三半規管(さんはんきかん)半規管が刺激をうけて起きる病気です。治療は薬以外にめまいのリハビリがありますが目の前に指をかざし左右や上下に頭を動かしながら指を見るなどのリハビリが効果的です。リハビリ中にめまいが起こる場合がありますそのような場合も積極的にリハビリを行ったほうが早く治ります。頑張ってリハビリをしてください
病院に受診する際には必ず現在服用している、または最近まで服用したお薬の内容がかかれた説明書や手帳を持参されることをおすすめいたします。