その他


(気になる質問をクリックして頂ければ、回答を見ることが出来ます。)

Q1:先日食事をしていると右の口角から食べ物が漏れてきてよく見ると顔の動きが悪くなりました。また右の耳が痛くなり病院に行ったところハント症候群といわれ入院を勧められました。日に日に悪化しているようで心配です。

A:
ハント症候群は耳の痛み、難聴、顔面神経麻痺やめまいなどを引き起こす病気で帯状疱疹ウイルスが原因でおこります。通常このウイルスは子供のころに初めてかかると水ぼうそうと言われて体中に水泡ができます。このウイルスはその後体にずっと潜んでいて体力が衰えて免疫力が下がると暴れだし帯状疱疹となります。神経を攻撃して強い痛みが出て長期間続きます。ハント症候群も顔面神経を攻撃して麻痺を起こし治りも悪い病気です。できれば入院されたほうがいいのではないでしょうか。またワクチンを受けるとハント症候群を予防できるといわれております。皆さんも心配でしたら予防接種を受けましょう。


Q2:こどもが歯磨きをしている最中に転んでしまい口から出血しています。口の中を見たところ傷みたいなのもはないようでしたが病院に受診した方がよろしいでしょうか?

A:
こどもは箸や歯ブラシなどをくわえたままで走り回ったりふざけて遊んだりすることもよくありますが大変危険です。転倒すると歯ブラシや箸の先がのどの奥に刺さりこんで折れたりすると表面からは見えなくなってしまいますが実際には脳の中に感染を起こしたりすることもありますので病院には一度受診して下さい。こどもの場合検査に協力的ではありませんので睡眠薬などで眠らせないとCTなどの検査ができない場合があります。
ですので日中の時間帯に受診したほうがよいでしょう。時間がたつと命に係わる可能性もありますのでできるだけ早い受診をお勧めいたします。


Q3:口の渇きがひどいのですが原因は何でしょうか?治療法はありますか?

A:
唾液の量が低下する原因は唾液を作る唾液腺の機能が低下する場合と全身疾患によるもの、薬の副作用によるもの、加齢によるものなどが考えられます。代表的な病気として有名なシェーグレン症候群は口の渇き、目の乾燥を伴う慢性の炎症で膠原病(こうげんびょう)の中に含まれる全身疾患です。また鼻炎や安定剤などは口の渇きを起こしやすいので中止もしくは薬剤の変更が必要です。加齢によるものは残念ながら改善は期待できませんが高齢者の口腔乾燥は口腔内の菌の増殖を起こして不衛生になり嚥下機能が悪化して唾液が気管の中に入ると肺炎を起こしたり、また味覚障害を起こして味が濃い物を食べるようになり高血圧、糖尿病などが悪化する危険性もあります。唾液の分泌を促進する薬やうがい薬などもありますので耳鼻咽喉科で相談してみてはいかがでしょうか。


Q4:舌に白い苔のようなものがついていてなかなかとれません。病院に行ったらうがい薬を出され禁煙を勧められましたがまだ消えません。他に薬はないでしょうか?

A:
舌に白い苔がついている場合カンジタなどが舌についている可能性があります。カンジタは口の中の衛生状態が悪い場合や抵抗力が落ちてきた場合、ステロイドなどの薬の副作用で増えることがあります。口の中の衛生状態が悪くなる原因としては喫煙が多く禁煙により改善が期待できます。また歯磨き、虫歯の治療、うがいなどで口の中を洗浄し、乾燥させないようにすることが重要です。まず禁煙するように努力し抵抗力が落ちないよう自己管理してみてください。


Q5:子供が乗り物酔いがひどく、薬を飲んでも効果のないこともあります。何か良い方法はありますか?

A:
耳の奥には耳に入ってくる音を電気信号に変える働きをする内耳という所がありますが、内耳には体の平衡感覚を感じ取る三半規管と呼ばれる器官も存在します。体の平衡感覚は三半規管の情報と目から入ってくる視覚の情報、そして脚や体の感覚から入る情報が脳で分析されて体が動く感覚として感じます。目から入ってくる情報と三半規管の情報がうまくまとめられない時に乗り物酔いが起こりやすいと言われています。たとえばカーテンを閉めて外の景色が見えない車に乗って予期しない時に車が曲がると脳が混乱し乗り物酔いという症状が出現します。乗り物酔いしやすい方も自分で車を運転するときは車の動きを視覚の情報によって事前に予期できますので乗り物酔いは起きません。車酔いがしやすい方はできるだけ前方の景色をよく見ることが重要です。また脳の活動が寝不足などで十分でないと平衡感覚をまとめられなくなって乗り物酔いがおきやすくなります。ですから事前に十分な睡眠と脳を活発に活動させるために食事もとってください。


Q6:アレルギー性鼻炎に魚がいいと聞きましたが本当ですか?

A:
魚や肉には脂肪酸と呼ばれる体に大事な栄養素が含まれております。我々が日常摂取する食用油は大豆油、コーン油などに含まれるオメガ6脂肪酸であるリノール酸が、亜麻仁油やえごま油に含まれるオメガ3脂肪酸であるリノレン酸が含まれております。オメガ
6脂肪酸の取りすぎはアレルギーの悪化因子と言われており、一方オメガ3脂肪酸はDHAやEPAと呼ばれる物質に体内で変化してアレルギーや炎症などを鎮静化させると言われております。肉などにはオメガ6脂肪酸が多くふくまれるためどちらかというとアレルギー性鼻炎を悪化させ、逆に魚にはオメガ3脂肪酸が多く含まれており、魚はアレルギー性鼻炎には適した食べ物と言えるのではないでしょうか。普段使う食用油も少し気にしてみてはいかがでしょうか。


Q7:コロナウイルス感染症になると嗅覚障害が起こることがあると聞きましたが病院に受診したほうが良いのでしょうか ?

A:
嗅覚障害はさまざまな原因で起こります。多いのは鼻の病気によるもので副鼻腔炎やアレルギー性鼻炎等によるものが大半です。通常鼻詰まりや鼻水などを伴いますのでコロナウイルスの場合のように発熱、倦怠感などは伴いません。また高齢者の場合には認知症の初期症状のこともあるので注意が必要です。コロナウイルスばかりでなく風邪を引き起こすウイルスで嗅覚の障害が起こる事があり嗅覚を感じ取る細胞が障害されておこります。比較的治りにくく後遺症が残ることもあります。コロナウイルスの場合は風邪の症状がなくても嗅覚だけが先に障害されることがあると言われておりますが実際には検査を行わなくては分かりません。発熱してきたり呼吸が苦しくなるようでしたら一度保健所か医療機関に相談されてはいかがでしょうか。嗅覚障害のみであれば外出を控えて様子を見てもよろしいと思います。


Q8:最近食事の時に顎の下が腫れてきて痛くなりしばらくすると腫れが引いてくるのですが、酸っぱいものを食べると特に腫れがひどいようです。腫れが引いても病院に行って診察を受けた方がよいでしょうか

A:
食事の時など唾液が多く作られる時にあごの下が腫れる病気としては顎下線の唾石(だせき)症が考えられます。唾液は耳下腺、顎下線、舌下線と呼ばれる唾液腺の組織で産生され管を通して口の中に開口します。この管に石がつまって唾液の流れが悪くなって唾液腺に唾液が貯まり腫れるのが唾石症です。食事などの刺激で唾液が多く産生されると急激に腫れますがしばらくすると少しずつ唾液が外に出て回復します。繰り返して行くうちに唾液腺組織が壊れて唾液が産生されなくなると腫れは収まりますが唾液が産生できなくなります。手術により唾石を取り除くと回復しますので一度耳鼻咽喉科に受診されてはいかがでしょうか 
病院に受診する際には必ず現在服用している、または最近まで服用したお薬の内容がかかれた説明書や手帳を持参されることをおすすめいたします


Q9:先日中学生の子供がお昼にラーメンを食べてからジョギングをしたら呼吸が苦しくなり、全身にかゆみがおきました。元々小児喘息はありましたがここ最近は喘息は起きていませんでした。足が痛かったので湿布を貼って走りましたが 何か関係ありますか?

A:
食事をしてすぐに運動をした場合に喘息の症状が起きたのであれば運動誘発性アナフィラキシーの疑いがあります。アナフィラキシーとは重篤なアレルギー反応でショックに陥り命の危険がある反応です。運動誘発性アナフィラキシーは食事をしただけではアナフィラキシーは起きませんが食事の後1,2時間以内に激しい運動をすると誘発されます。さらに痛み止めを使うとさらに症状が起きやすくなるという特徴があります。この特殊な食物アレルギーの原因としては小麦製品が多くエビ、カニなどの甲殻類でも時にみられます。このような経験をお持ちの方は食後1,2時間は控えてください 。詳しい診断はアレルギーに詳しい病院を受診して検査を受けることをお勧めいたします。



Q10:コロナウイルス感染症に関して日本耳鼻咽喉科学会より急性の嗅覚、味覚障害に関するメッセージを報告致します

A:
本日はコロナウイルス感染症に関して日本耳鼻咽喉科学会より急性の嗅覚、味覚障害に関するメッセージを報告致します。
新型コロナウイルスの感染で、他の症状がなくても先行して急ににおいや味の異常を自覚することがあります。現時点では多くの施設で発熱や肺炎のない軽症の方はPCR検査を行うことはできません。においや味の分からなくなる病気のほとんどが新型コロナウイルス感染症とは無関係です。しかし元々鼻の病気がないのに「急に」においや味が分からなくなった場合は新型コロナウイルスに感染している可能性もあります。念のため周囲への感染を拡大させないように2週間は不要不急の外出は控えてマスクを着けて対話をして下さい。手洗いもこまめにして医療機関への受診は控えて毎日体温を測定してください。37.5度以上の発熱が4日以上続く場合や、咳、息苦しさ、だるさがあれば帰国者・接触者相談センターにご相談ください。嗅覚、味覚障害に対しての治療は急ぎません。発熱、咳などの他の症状がなく2週間以上経過しても治らない場合は耳鼻咽喉科に受診してください
このようなメッセージが出ておりますのであなたとあなたの周りの皆さんの身を守るためにご協力をお願い致します。


Q11:最近テレビでスマホで診察をしてお薬を処方する病院のニュースを見ました。コロナウイルス感染が怖いのでできれば病院に行かないでお薬がもらえるといいのですがどのようなケースで可能なのでしょうか

A:
コロナウイルス感染に伴い病院での感染予防の観点から症状の安定した患者さんで同じ病院で半年以上継続的に受診している場合には電話、もしくはオンライン診療でお薬が処方できる特例措置が取られております。スマホをみて診察するのはオンライン診療と呼んでおり2年前から正式に健康保険でも認められております。4月からは3か月以上通院していればオンライン診療が受けられます。対象疾患はまだ限定されておりますが今回のコロナウイルス感染のように病院に受診できないような場合には診察して薬の処方が可能です。会計もクレジットカードでOKで処方せんが自宅に郵送されますので病院には行かずに済みます。詳しくは病院にお問い合わせください。


Q12:コロナウイルスが流行していますがインフルエンザや風邪などもどうして寒くなると流行するのでしょうか

A:

寒い時期になりますと空気が乾燥しウイルスの寿命が延びると言われております。またヒトの鼻やのどの粘膜には体のバリアとなる粘液とじゅうもうという短い毛がありウイルスなどをはじめとする異物を排除する働きがありますが乾燥して粘膜の粘液が減ってしまいウイルスが侵入しやすくなるのも原因の一つです。対策としてはまずお部屋の加湿で湿度50%前後が良いとされております。また冬場は汗もあまりかかないのでつい忘れがちになりますが喉の乾燥を防ぐ意味で1時間に1回程度量は少なくてもよいですのでこまめな水分補給が重要です。 また免疫力を保つ意味ではビタミンDが重要といわれており免疫を調節する働きがあり、かぜやインフルエンザなどの感染の予防にも関与することが分かっています。日照時間が短くなる冬は血液中のビタミンDが不足しがちですので日光浴や食事などでビタミンDを蓄え風邪を予防しましょう。


Q13:先日子供が歯磨き中に転んで口を傷つけてしまいました。出血はすぐに止まったので病院には行かずに様子見ましたが大丈夫でしょうか ?

A:

歯ブラシや箸、スプーンなどをくわえたまま走り回ったり遊んだりするのは大変危険です。転倒すると喉の奥の方まで刺さりこむ事故が報告されており場合によっては死に至ることもあります。何ともないと思ってもお子さんの様子をよく観察してください。刺さったものが取れたとしてもしばらくして熱が出たり痛がったりぼーっとしたりする場合にはすぐに病院を受診してください。また異物が深く刺さりこんだ場合は抜けなくなることがありますが異物が太い血管などを傷つけた場合には不用意に抜いて大出血を起こすこともありますのでそのままにしておいてください。また箸など折れて出てきた場合には残った異物がMRIやCTでもわかりにくくなることもありますので、参考材料として折れたものを持って病院を受診してください。歯ブラシの場合は口の中の雑菌が付着している可能性が高く放置すると感染を起こし危険です。まず病院受診し相談してみてください


Q14:皮膚科でしょうせきのう胞症で受診していますが、先日ネットで調べたところ、扁桃の手術をすると皮膚の病気もよくなる可能性があると書いておりました。本当ですか?

A:

扁桃腺は高熱とのどの痛みなどを起こす病気として有名ですが、実は慢性の炎症で皮膚や腎臓など全身の様々な病気をおこすことが知られております。いろいろな病気の病巣になっているため病巣感染といわれております。有名なのは皮膚のしょうせきのう胞症ですが、それ以外でも透析などになってしまう可能性のあるIgA腎症なども最近扁桃の病巣感染であることがわかってきました。扁桃は様々な病原菌と戦っている部位なのですが、時として過剰な免疫反応をおこし、それが血流などにのって扁桃から離れた部位に病気を起こすのです。IgA腎症の発症早期で3年以内で扁桃腺をとる手術を行うと87%は治ると言われております。
一度耳鼻咽喉科で相談されてはいかがでしょうか