耳垢

耳垢がすぐにたまります。なかなかとれないのですがよい方法はありますか
A.耳垢は基本的には自然に外に排出されるようになっているのですが、ネコ耳(茶色い粘りけのある耳垢)の方はすぐにたまりやすいといわれております。
耳垢が詰まりすぎると今度は聞こえにも影響します。
ただあまり無理に耳垢をとろうとすると耳の穴を傷つけたり、奥までやりすぎると鼓膜を損傷し難聴になる場合もあります。
特にお子さんの場合は動いてしまって耳の穴が傷つく場合がありますので、無理せずにもしとれなければ耳鼻咽喉科に受診しとってもらいましょう。
また耳掃除をする際にまわりに子供やペットがいると、不意に抱きついてきたりして耳かきが奥に入り鼓膜を破る方が時々いますので十分気をつけてください。
.子供の耳垢がなかなかとれません。病院に受診してもよいでしょうか?
A.耳垢は乾燥している耳垢と湿った耳垢で俗にアメミミ(またはネコミミともいわれます)といわれる耳垢の2種類があります。実はアメミミは遺伝すると言われており、日本人より欧米人で多いようです。
耳垢がたまりやすいのは決して病気ではありませんが、耳垢がたまることによって耳が聞こえなくなったり、がさがさという耳鳴りがしたりします。
また頻回に耳掃除を行う人は外耳に炎症を起こし、耳だれや耳痛を起こしたりします。
耳掃除はやりすぎても、またやらないのもだめということですね。
さて耳垢をみなさんどうやってとっていますか。
私などは家では怖くて家族の耳垢は取れません。懐中電灯や部屋の明かりでは鼓膜まできちんと見えませんので不安になります。皆さんもご家庭では無理せず見える範囲で掃除を行うようにしてください。
また耳垢を取る際には耳かき、綿棒などを使うことが多いと思いますが、耳かきはあまり強く掃除をすると耳の穴である外耳道を傷つけてしまいます。
また綿棒の場合はあまり太いもので奥に入れるとかえって耳垢を鼓膜の方へ押し込んでしまい難聴の原因になったりします。
とりにくい場合は無理をせず耳鼻咽喉科に受診してください。
時々綿棒を奥に入れすぎたり、掃除の途中に子供やペットが飛び込んできて耳かきが奥に入りすぎて鼓膜に穴を開ける場合がありますので、掃除のときは周りの状況に注意して行ってください。
.学校検診で耳垢が溜まっていると言われました。家庭で耳掃除できますか。
A.耳垢は 実は抗菌作用があり取りすぎはあまりよくありません。
しかし耳垢が詰まっている状態を耳垢栓塞(じこうせんそく)といいますが、この状態ですとやはり聞こえが悪い可能性があります。耳掃除をしすぎても外耳道の皮膚に炎症を起こし痛みや耳だれを起こします。
耳掃除は1カ月に1度くらいにしましょう。
また太い綿棒を使うとかえって奥に耳垢を押し込んでとりにくくなる場合があります。
耳かきを使って決して力を入れずにこするようにとってください。
小さなお子さんなどは不意に頭を動かしたりして危険ですので、もし不安なら耳鼻咽喉科に受診してとってもらうと良いでしょう
また大人が耳掃除をする際もペットや子供が急に飛びついてきて耳かきが奥に入り、鼓膜に穴が開いてしまう場合がありますので十分注意してください。

.耳掃除をこまめに行っていますが、最近耳からつゆが出てきます。
耳をきれいにしてもなかなか治りません、どうしたらよいのでしょうか?
A.耳垢は抗菌作用があり、あまり取りすぎない方がよいと言われております。
しかし耳垢が溜まりすぎると耳栓をした感じになり聞こえが悪くなります。
耳垢は放っておいても耳の奥から入口の方へ移動する性質があります。
耳掃除をしすぎると耳の穴の皮膚まで傷がついてしまい、耳の機能が障害されるばかりでなく、炎症を起こすと耳から耳だれが出てきます。
また、耳掃除のつもりで太い綿棒を使うとかえって耳垢を奥に詰め込んでしまい聞こえが悪くなったりもします。
ですから、耳掃除は専用の耳かきを使い誰かほかの方にしてもらうのがよいでしょう。
また、毎日行う必要はありません。1カ月に1回くらい行うのが良いのではないでしょうか

耳掃除を行うときはペットや子供がいますと突然抱きついてきて耳かきが奥に入り鼓膜に穴をあけてしまうことがありますので十分気をつけましょう。
.耳垢が奥まで詰まって取れないのですが、いい方法はあるのでしょうか?
A 外耳道は耳の入り口から約1cmほどの皮脂腺のある軟骨部でその奥2cmが骨部に分かれます。
耳垢ができるのは軟骨部のみなのですが、綿棒を使うと逆に耳の奥に耳垢を押し込んで取れなくなる方が多いようです。
本来耳垢は奥から耳の入り口に向けて動いており耳の皮膚についた老廃物と共に耳の外に自然に移動してとれるものです。
また耳垢には殺菌作用もあり過剰に耳垢をとると外耳道の感染が逆に起こりやすくなります。
外耳道は太さが7mm程ですが、いじりすぎると耳の穴が腫れて太い綿棒が入りにくくなります。
そのような場合は無理に綿棒などは入れずにしばらく触らないようにしてください。
外耳道がひどくなると痛みや耳垂れが出てきます。その場合には耳鼻咽喉科に受診してください。
耳掃除はほどほどにしてください
.子供の耳掃除をすると痛がってうまくできません。どのようにしたらいいかアドバイスをお願い致します
A 耳垢というのは耳の穴の外耳道の入り口から1cm程度の範囲にしか産生されないのですが、多くの方は綿棒で掃除する際にかえって奥の方に耳垢を押し込んでしまいとりにくくしている方が多くみられます。
できれば耳かきを使いそっと掻き出すようにとるとたいがいの耳垢は取れるはずです。
耳掃除は通常月に1回程度で十分ですが、耳をいじりすぎて外耳道を傷つけてかさぶたができたのを繰り返しとるために耳垢が詰まるケースもあります。
また耳だれが出るといわれる方も耳のいじりすぎが原因で感染を起こしている場合もあります。頻回の耳掃除は禁物です。
子供は一度耳掃除で痛い思いをするとなかなかとらせてくれませんし動くと鼓膜などを傷つける恐れもありますので、無理であれば耳鼻咽喉科に受診してください。
.子供が学校検診で耳垢栓塞といわれてきました。
きちんと耳掃除をしているつもりなのですがなかなか取れません、病院で取ってもらったほうがいいでしょうか。
A 耳掃除は意外に難しいものです。
耳垢は体にとってはいらない排出物のように皆さん思われているかもしれませんが、実は耳垢は抗菌成分が含まれており細菌などが入らないようにブロックしますし、粘液成分が含まれていますので耳の奥に異物が入らないようにする働きがあります。
こうした耳垢を完全に除去すると逆に炎症を起こしやすくなり耳垂の原因になったりするのです。
また耳垢は外耳の入口付近で産生され外の方に移動してきますので無理にかき出す必要もないのですが、太い綿棒などを使って掃除をするとかえって耳垢を奥に押し込んでしまい取れなくしている方もよく見かけます。
ですから耳掃除はせいぜい月に1,2回で耳かきなどを使い外側にかき出すようにして取ってください。
強くやりすぎると炎症を起こし痛みや耳だれが出ますので注意してください。
また小さなお子さんやペットがいる場合は不意に抱きついて来たときに耳かきが奥に入り鼓膜を傷つける恐れがありますので注意してください。また耳垢が貯まりやすい方は実は外耳の炎症による耳だれが固まって耳垢のようになる場合があります。
そのような方は耳鼻咽喉科で治療を受けて下さい
.子供の耳垢がねばねばしていてなかなかとれません。どうしたらよいでしょうか。
A 基本的には耳垢は特に耳の穴がふさがるような状態でなければとる必要はありません。
特にお子さんの場合不意に動いて耳の外耳道を傷つけたり鼓膜に穴が開いてしまったりすることもありますので無理しないでください。
外耳道は耳の入り口から約1cmほどが皮脂腺のある軟骨部でその奥2cmが骨部に分かれます。
耳垢ができるのは軟骨部のみなのですが、綿棒を使うと逆に耳の奥に耳垢を押し込んで取れなくなる方が多いようです。
本来耳垢は奥から耳の入り口に向けて動いており耳の皮膚についた老廃物と共に耳の外に自然に移動してとれるものですまた耳垢には殺菌作用もあり過剰に耳垢をとると外耳道の感染が逆に起こりやすくなります。
どうしても取れない場合は耳鼻咽喉科に受診してください。
外耳道は太さが7㎜程ですが、いじりすぎると耳の穴が腫れて太い綿棒が入りにくくなります。
そのような場合は無理に綿棒などは入れずにしばらく触らないようにしてください。
外耳炎がひどくなると痛みや耳だれが出てきます。その場合には耳鼻咽喉科に受診してください。
 .3歳の子供がいますが耳をのぞくと大きな耳垢があります。
取ろうとしましたが硬くてとれません。
病院に行こうと言いましたが病院は嫌だと言います。このまま放置してもよいのでしょうか
 A 耳垢が耳の穴をふさぐほど大きくなると聞こえが悪くなりますのでやはり除去する必要があります。
その場合おうちで耳かきなどで掻き出してとれればいいのですが、
硬くて無理であればやはり病院を受診してとってもらうのがいいでしょう。
綿棒などを使うとかえって耳垢を押し込んで耳の穴が詰まってしまうのでやめてください。
また硬い耳垢はそのままとうろうとすると痛いことがあるので事前に少し柔らかくしてとると取りやすいこともあります。
初めて耳鼻科に来ると恐怖心から泣く子が多いのですが何回か通っていくうちに慣れてくるものです。
一度受診をお勧めいたします。
(2016年6月)
 .先日お風呂に入って髪を洗っているときに急に右耳が聞こえなくなりました。
慌てて病院に行ったら耳垢が詰まっていて取り除いてもらったら治りました。
耳掃除はどのように行えばいいでしょうか?
 A 耳に水が入ると耳垢がふやけて膨張し完全に耳が詰まって聞こえが悪くなります。
このような経験のある方は病院で掃除してもらう方が無難でしょう。
普通のかさかさの耳垢の方でしたら耳かきを使って掻き出すように行ってください。
綿棒などで行うとかえって耳垢を奥に押し込んで詰まってしまうケースがよくあります。
また耳かきを頻繁に行いすぎて耳の穴が炎症をおこし耳だれが出たり傷ができてかさぶたが詰まったりするケースもみられます。
耳掃除は月に1度程度で、耳の入り口から1cm位までの範囲で行ってください。
また周囲に小さいお子さんやペットなどがいますと不意に抱き着いてきたりした際に耳かきが奥に入り鼓膜に穴が開いてしまう場合もあります。十分注意して行ってください。
(2015年12月)
.子供が学校の検診で耳垢がたまっていて耳鼻咽喉科に行くように指示されました。
家で取れれば受診しなくても良いでしょうか?
A 小学生では1年生と4年生、中学生、高校生は1年生の春に耳鼻咽喉科の検診があります。
耳垢がたまっていると中耳炎などの耳の病気があるかどうかわかりませんので、やはり一度耳鼻咽喉科で耳掃除をしてもらい、耳の異常がないか見てもらう必要があります。
できれば検診の前に耳垢がたまっていて家で取れない場合は病院を受診して取ってもらった方が良いと思います。
簡単そうに思っても耳掃除は結構難しく外耳道を傷つける恐れがありますので無理しないで下さい。
(2016年5月)
.子供の耳掃除をすると痛がってうまくできません。どのようにしたら良いかアドバイスお願いいたします。
A 耳垢というのは耳の穴の外耳道の入り口から1cm程度の範囲にしか産出されないのですが、多くの方は綿棒で耳掃除をする際にかえって奥の方に耳垢を押し込んでしまい取りにくくしている方が多く見られます。
できれば耳かきを使いそっと掻き出すように取るとたいがいの耳垢は取れるはずです。
耳掃除は通常月に1回程度で十分ですが、耳をいじりすぎれ外耳道を傷つけてかさぶたができたのを繰り返し取るために、耳垢詰まるケースもあります。
また耳だれが出ると言われる方も耳のいじりすぎが原因で感染を起こしている場合もあります。頻回の耳掃除は禁物です。
子供は一度耳掃除で痛い思いをするとなかなか取らせてくれませんし、動くと鼓膜などを傷つける恐れもありますので、無理であれば耳鼻咽喉科に受診して下さい。
(2014年)
先日お風呂に入り耳に水が入ってから急に聞こえなくなり病院に行きましたところ耳垢がたまっていたようでした。
毎日綿棒で耳掃除をしているのですがうまくできないようです。どうしたら良いでしょうか。
A.耳掃除は頻繁にやる必要はありません。
耳垢は耳の穴の入り口に近い部分でできますが綿棒などを使って掃除をするとかえって耳垢を奥に押し込んでしまい耳の穴がふさがってしまいます。
また耳の穴が炎症をおこして腫れてしまい出口がふさがれた状態になりますます取りにくくなるのです。
そのような状態で水が入ると耳垢がふやけて誇張し、ついには完全に耳の穴がふさがり聞こえなくなるのです。
ですから耳掃除はせいぜい月に1回程度で耳かきを使って掻き出すようにすると良いでしょう。
また耳の穴に炎症を起こした場合は病院に受診して下さい。
(2015年3月)