いびき

 子供が寝ているときにすごいいびきをかいております。何か異常があるのでしょうか
A.子供さんのいびきの原因としては、アデノイド肥大や扁桃肥大がよくみられます
5歳前後までのお子さんは成長の過程でアデノイドや扁桃が大きくなるため肥大だけでは問題になりません
ところがいびきだけではなく、睡眠中に呼吸がとまる睡眠時無呼吸症を起こしているような場合は要注意です
睡眠時無呼吸症の原因は大人の場合は肥満によるものが多いですが、子供の場合はアデノイド肥大や扁桃肥大が多く見られます
日中に眠気を訴えない場合が多いため気づきにくいですが、日中の勉強、運動に影響を与えます
小さなお子さんでも簡単な検査である程度の診断はできます
心あたりのある方は一度検査を受けられるとよいでしょう
 子供が寝ているときにとても息苦しい感じでいびきをかいて寝ています。
時々おねしょしたりもするのですが何か病気なのでしょうか?
A.寝ているときにいびきをかいて頻回に呼吸が止まるのでしたら睡眠時無呼吸症候群が考えられます。
この病気はお子さんの場合扁桃肥大、アデノイド肥大などにともなっておこることが多く日中も口呼吸をよくしています。
日中の症状として昼間眠そうにしていることが多いとか落ち着きがなくいらいらしていたり、朝頭痛を訴えたりひどい場合には成長が遅れたりします。
またおねしょも無呼吸症の症状の一つです、一度寝ているときに胸とおなかの動きをみて下さい、睡眠中に息をしていないのに胸の真ん中がへこむような動きをしていたら要注意ですので病院で検査をお勧めいたします。
(2014年6月)
 3歳の子供ですが夜中にいびきをかいて途中で息が止まっていることがあります
もともとアレルギー性鼻炎で夜につまって呼吸が苦しそうになるのですが最近は薬は飲んでいません
病院に行った方がいいでしょうか
A.アレルギー性鼻炎などによって鼻づまりが起きると口呼吸になってしまいます
また子供の場合はアデノイド肥大なども加わりさらに口呼吸がひどくなります
長期にわたる口呼吸は顔面の正常な発育に影響し下顎が後退し結果的に大人になって無呼吸症を起こす原因になります
小児期における鼻の呼吸障害を適切に治療しないでいると生涯にわたり心身ともに大きな影響を残すといわれております
是非治療をうけてください
 いびきが大きいとよく言われ、夜鼻がつまって起きることもたびたびあります
いびきに対してなにかよい治療法はありますか
A.いびきは呼吸をする際に口蓋垂(俗にのどちんこ)が振動して発生します
多くは鼻が詰まって口呼吸をおこし、のどの筋肉が緩んで起こります
夜の鼻つまりの原因として最も多いのがアレルギー性鼻炎です
特に子供の場合は口呼吸が不完全なため呼吸不全になりやすく注意が必要です
アレルギー性鼻炎の治療によりいびきも改善し熟睡できるようになります
また子供の鼻づまりにはアデノイド肥大なども関係していることがあるためアレルギーの治療でも改善しない場合は耳鼻咽喉科での検査をお勧めいたします
またいびきは睡眠時無呼吸症の重大なサインの事もあります
昼間の眠気などの症状が伴えば本人も気づく事がありますが、重症の無呼吸症の方でも意外に気づかないケースも見受けられます
そのまま放置すると高血圧、心臓病など様々なリスクが高くなりますので、いびきのひどい方は一度無呼吸症の検査をお勧めいたします
 子供が大きないびきをかき寝ている間呼吸が苦しそうです
昼間も元気がなくうとうとすることも多いのですが一度検査を受けた方がいいでしょうか
 A.大きないびきをかいて寝ている間に呼吸が頻繁に止まる場合は睡眠時無呼吸症が疑われます
子供の場合に多いのはアデノイド、扁桃肥大によるものです
普段から口を開けっぱなしであったり、食事の時に飲み込みずらそうにしたりしているような場合は注意してください
また夜間に十分な深い睡眠がとれないために日中元気がなく、落ち着きがないためADHDなどと間違われたり、夜尿症などの原因になったりもします
風邪をひくと扁桃などが炎症を起こして腫れるために一過性にいびきなどをかく場合がありますが普段からいびきをかく場合には病院で検査をお勧めいたします
扁桃、アデノイドの手術で劇的に改善しますので耳鼻咽喉科にご相談ください