補聴器

:耳の聞こえが悪くなり補聴器の購入を考えております。補聴器を購入するときはお店で買ったほうがよいのか、病院で調べてもらってからのほうが購入するのがよいのかわかりません。教えて下さい。
A.まず耳の聞こえが悪くなった原因を調べる必要があります。そのためには耳鼻咽喉科に受診し耳の病気がないかを診てもらう必要があります。
よくあるのは耳垢が詰まっている場合で、掃除をするだけで聞こえがよくなり補聴器が必要にならなくなることがたびたびあります。
老人性難聴で補聴器が必要な場合も、非常に高度の難聴の場合は身体障害者の適応になる場合もあり、申請には耳鼻咽喉科の医師の診断書が必要です。
やはり一度は耳鼻咽喉科で診察を受けたうえでアドバイスを受けるとよいと思います。
:補聴器を考えておりますが通信販売で売っているものではダメですか?
A.まずは難聴の原因を調べることが大切です。
多くは加齢による老人性難聴ですが時々耳垢が詰まっていたり中耳炎などで聞こえが悪くなっている場合がありますので耳鼻咽喉科できちんと診察を受けましょう。
その結果、老人性難聴と診断されてから補聴器を検討するようにして下さい。
皆さんコンタクトレンズなどを作るときにはきちんと眼科に受診しますが、補聴器もコンタクトレンズと同じ医療用具です。きちんと難聴の程度を検査してから補聴器を調整します。
通信販売などで売っているものはただ単に音を大きくするためのものが多く、あまりうるさい場合はかえって難聴が進む恐れがありお勧めしません。
また高度の難聴の方は身体障害者に該当する場合もあり、耳鼻咽喉科の医師の診断書で補聴器を買う際の補助がでる制度もあります。
一度耳鼻咽喉科に受診されてはいかがでしょうか。
:最近年のせいか耳の聞こえが悪くてテレビの音も大きくしないと聞こえません。
家族にはうるさいと言われて困っております。
そろそろ補聴器を考えておりますが両耳とも子供の頃から中耳炎で昔手術もしております。
補聴器屋さんに行く前に一度病院で見てもらった方が良いでしょうか?
A.補聴器を考える前にまずは難聴が年のせいによるものなのか、それとも耳の病気のせいかのかはっきりさせた方が良いでしょう。たまに耳垢が原因であったり中耳炎であったりする場合もあり、治療によって聞こえが良くなるかもしれないからです。
そして残念ながら年のせいで難聴だった場合には、補聴器を作成することになりますが、耳の手術をされている場合には、手術によって耳の穴の形が正常の方と違う場合があり、特に耳の穴に入れるタイプを希望される場合には補聴器の型を取る際にトラブルになるケースも見られます。
耳だれなどを起こしてる場合には補聴器が壊れる可能性もあります。
ですから病院の指示にしたがい、補聴器を作成されるのが良いのではないでしょうか。
(2014年6月)
:以前に補聴器をすすめられていましたが雑音がうるさくまだ多少は聞こえていたので我慢しました
最近周りの人に聞こえていないと言われますが補聴器をしたほうがいいのでしょうか。
A.補聴器の装用をおすすめする際に重要なのはまずご本人がどのような場面で不便に感じているかということです。
仕事などの会議で聞き漏らすことが多いのであれば難聴は軽くても補聴器をおすすめしますし、家に一日中いて特に不自由なく人に周りの人に難聴を指摘される場合では本人も必要性を感じないため補聴器も積極的におすすめしにくいです。
ただ年をとると補聴器になれにくくなるのも確かですので我慢をせずに一度補聴器がどんなものか相談だけでも受けてみてはいかがでしょうか
:補聴器を考えておりますが一度耳鼻科に受診したほうが良いのでしょうか。
A 補聴器を検討される前にまず難聴の原因を調べなくてはいけません。
高齢者の方は意外に耳あかが詰まっていたり中耳炎にかかって聞こえが悪い場合がありますのでまず病院で診察、検査を受ける必要があります。
その結果年齢による老人性難聴の診断がつけば初めて補聴器を検討することになりますが、ただ必ずしも補聴器をしても聞こえの改善が期待できない場合もあるため事前に言葉の聞き取り検査も必要です。
また安易に通信販売などで購入せずきちんと本人の聞こえのパターンに合わせて補聴器を調整して使用しなければいけません。
また静かなところで補聴器を合わせた時には雑音は気にならないことが多いのですが実際の生活の場面で使用すると様々な音が気になる場合もあります。できれば補聴器を試聴してから購入が可能なお店を選ばれると良いでしょう。
最近年のせいか耳が聞こえにくくなってきました。補聴器を作ろうと思いますが一度病院で診てもらった方がよいでしょうか
A.年をとりますと難聴の方が多くなります
一般に老人性難聴と呼びますが残念ながら治療は難しく現在も補聴器に頼ることになります
ただ実際には耳垢が詰まっていたり中耳炎になって難聴になている方もよくみられます まず耳鼻科で耳の異常がないか確認の上で購入された方がよいでしょう
また、補聴器も進歩してきており耳の穴に入れる目立たないタイプや耳のこもった感じのないタイプなどが多くなってきました
ただ補聴器といっても立派な医療器具ですので安易に購入せず、聴力検査をきちんと受けた上で購入するようにしてください
通信販売で補聴器を購入しましたが、雑音が多くて聞こえません
私の聞こえでは補聴器は無理なのでしょうか?
A.通信販売などで売られているのは正式には補聴器ではなく集音器と呼ばれているもので、音をただ大きくしているだけの装置です
構造は簡単なので補聴器よりは価格も安くつい買ってしまう方も多いのが現状です
ただこの集音器は個人個人の聞こえに合わせて調整できないためほとんど役に立たない方が多いようです
老人性難聴の方は一般に高い音の聞こえが悪く、また音を大きくしすぎると健康な人より耳に響くなどの特徴があります
ですから補聴器をつける前に聞こえの検査をしっかり行い、どの周波数の聞こえが悪いかを事前にチェックしなくてはなりません
そして検査の結果に従って周波数ごとに音を調整し、また入る音が大きすぎないように音の大きさをコントロールする装置も必要です
またできるだけ雑音を小さくしたり、話をしている方向の音だけを大きくしたり、最近の補聴器はデジタル技術の発達で日進日歩で進化しております
まず耳鼻咽喉科でっ耳に異常がないかを診断してもらい、その後に補聴器専門のお店で購入されることをお勧めいたします
:父が難聴で以前耳鼻咽喉科で老人性難聴といわれ補聴器を勧められました。
最近では話をしてもとんちんかんな答えを繰り返しており、先日認知症とも診断されました。
こんな状態で補聴器をしても意味があるのでしょうか?
A.人間の体は長期間使わないでいると衰えるものです。
聴覚もしかりで難聴の状態が長く続くと脳の音を認識する部分が衰えてしまい、補聴器をしても言葉の理解ができなくなったりします。また難聴になると聞くのが面倒になり適当に聞こえたふりをしたり、会話自体を拒絶し、結果としてひきこもりやうつ状態になったりする場合もあります。
ある調査によると難聴があると老人性のうつの発症率が3倍になり、難聴者に補聴器を貸し出すことによってうつの発症率が低下したという報告があります。
また軽度難聴でも認知症発症の危険度が上昇し、認知症と診断された36%が難聴と関連し、難聴が悪化するほどアルツハイマー病が多くなるというアメリカの報告もあります。
受け答えがおかしい原因が難聴のためなのか、あるいは認知症によるものなのかは見ただけではなかなかわかりませんが、
耳鼻咽喉科で通常の聴力検査以外に言葉の聞き取り検査などをおこなってみたり、
簡易の補聴器を装用してみて反応を見ることでわかります。
難聴を放置すると認知症になりやすく、症状も悪化しますのでいずれにしても補聴器をされた方が良いのではないのでしょうか
:父が補聴器を買ったのですが、つけるのが面倒なのか使ってくれません
本人は補聴器はいらないと言っておりますが、テレビの音が大きくて困りますし、本人と話しても会話にならず困ります。どうしたらいいでしょうか?
A.老人性難聴は徐々に進行するため本人も難聴を自覚しにくく周りの人が困るケースがほとんどです
そのため補聴器をすすめてもつけたがらないこともよくあります
できるだけ家の中にこもらず老人クラブなど外で活動すると自分の聞こえが悪いことに気づくきっかけになり効果的でしょう
また補聴器も年々進歩しており最近ではテレビや電話の音が無線技術を介して補聴器の中で鮮明に聞こえるようなものも売られております
難聴の場合は外見では判断できない障害で会話が面倒になり認知症などが進行しやすくなると言われております
補聴器をつけることで戸外活動が活発になり脳の活性化にもつながります
ご本人と相談されるといいのではないでしょうか
.2年前から補聴器をしておりますが最近補聴器をしても聞き取りが悪くなってきました
買いなおした方がいいでしょうか
A.補聴器をしても聞こえが悪くなってきた場合まず耳垢等が詰まっていないかどうかチェックする必要があります
特に問題なければまず難聴が進行している可能性がありますので耳鼻咽喉科で聴力検査が必要です
難聴が進んで聞こえが悪くなった場合には再度音量の調整が必要です
また高齢者の場合音が聞こえていても言葉の理解力が悪くなり会話ができなくなる場合があります
補聴器も万能ではありませんので多くの人が集まる所や騒音の多い場所では聞き取りが悪くなります
最近では騒音を低くしたり、テレビの音を直接補聴器が感知して音を大きくする機能などがついた補聴器も出てきました
ご本人の特に補聴器を使いたい場面での試聴が有効です
是非買う前に一度試聴をしていただける補聴器店で購入してください
:父が最近呼んでも返事をしなかったり、とんちんかんな返事をすることが多くなってきております
テレビの音量も大きいので難聴が進んできていると思い補聴器をつけるよう勧めましたが本人はする気がないと言っております。どうしたらいいでしょうか?
A.難聴がどの程度なのかまず検査が必要です
耳垢等が詰まっていたり、中耳炎などを起こして聞こえが悪くなっている場合もありますので耳鼻咽喉科に受診してください
難聴が進んで聞こえが悪くなった場合には補聴器をお勧めいたします
難聴を放置すると認知症などが進んだり言葉を理解する能力が衰えてしまいます
そのようになってから補聴器をつけても音が聞こえていても言葉の理解力が悪くなり会話ができなくなる場合があります
補聴器も万能ではありませんので多くの人が集まる所や騒音の多い場所では聞き取りが悪くなります
最近では騒音を低くしたり、テレビの音を直接補聴器が感知して音を大きくする機能などがついた補聴器も出てきました
ご本人の特に補聴器を使いたい場面での試聴が有効です
是非買う前に一度試聴をしていただける補聴器店で購入して下さい
 :最近聞こえが悪くなり病院で補聴器を勧められましたが格好も悪いしまだ我慢しようと思います
大体何歳くらいから補聴器をする必要がありますか
 A.高齢者の難聴は基本的に徐々に悪化します
難聴は個人差がありますので一概に年齢だけで補聴器を勧めているわけではありません
ただ一般的に年齢の若い方の方が補聴器に慣れて使用されることが多いと言われております
難聴を長期間放置すると脳の動きが悪くなり言葉を理解することができなくなってきて、さらにすすむと認知症の状態になります
そうなる前に補聴器をつけなければ間に合いません
また補聴器をつけて会話をしたりテレビなどを見たりすることで脳の動きを活発化し認知症の予防にもなります
老眼の場合は皆さん老眼鏡を使用する頻度は高いのですが難聴で補聴器は使わない方が多いようです
これは本人が聞こえていなくても困らないことが多いためで、代わりにコミュニケーションを取れない周りの方が迷惑してしまいます
ですからある程度難聴が進んだ場合はあまり我慢せずに補聴器をつけることをお勧めいたします
 :以前耳鼻咽喉科で老人性難聴といわれ補聴器を勧められました
しかしまだ聞き間違いはありますが補聴器はできればしたくありません
どのくらい悪くなったら補聴器をつけた方がいいのでしょうか
 A.人間の体は長期間使わないでいると衰えるものです
聴覚もしかりで難聴の状態が長く続くと音を認識する脳の機能が衰えてしまい、補聴器をしても言葉の理解ができなくなったりします
また難聴になると聞くのが面倒になり適当に聞こえたふりをしたり、会話自体を拒絶し、結果としてひきこもりやうつ状態になったりする場合もあります
補聴器の音は通常の自然な音とは異なりますので慣れが必要です
比較的聴力が良いうちに慣れておけば違和感なく装着が可能です
聴力検査で40dB位が一つの目安と言われていますが通常の聴力検査以外に言葉の聞き取り検査などをおこなってみたり、簡易の補聴器を装用してみて反応を見ることでわかります
難聴を放置すると将来認知症になりやすいといわれておりますのでいずれにしてもまずは補聴器を視聴してみてはよいのではないでしょうか
 :先日補聴器を買ったのですが人ごみなどに行くとうるさいのであまりつけていません
結構値段の高い補聴器でしたが性能が悪いのでしょうか
 A.人間の体は長期間使わないでいると衰えるものです
聴覚もしかりで難聴の状態が長く続くと脳が刺激されない状態が続き、結果として音を認識する能力が衰えてしまい、補聴器をしても言葉の理解ができなくなったりします
補聴器を初めてつけると今までとは違う音が入ってきてうるさく感じたりすることもありますが常時付けていると脳の方が慣れてきて苦痛に感じなくなるものです
補聴器の調整で難しいのは雑音が気になるために十分に音を増幅したがらない方が多く結果として聞こえないというケースが多々見られることです
できるだけ難聴が進む前に補聴器をつけると聴覚に関係している脳の部位が衰える前に新しい音に順応しますので補聴器をうまく活用できるようになります
難聴を放置することにより脳の衰えがすすみ、結果としてひきこもりやうつ状態になったりする場合もあります
また難聴を放置すると自動車のクラクションに気づかず事故に巻き込まれたり、電話の呼び出し音、病院などに受診した場合に説明が聞き取れないなど様々な面で不都合が生じます
また他人には聴力の障害はわかりにくいため無視しているように受けとめられたりすることもあり人間関係も悪くなったりすることもあります
認知症の方の場合は受け答えがおかしい原因が難聴のためなのか、あるいは認知症によるものかは見ただけではなかなかわかりません
是非もう一度補聴器の調整をしてみてください
 :通信販売で補聴器を買いましたが雑音がうるさく良く聞こえません。
補聴器屋で買った方がいいでしょうか?
 A.皆さん難聴の日本人はどのくらいいるかご存知でしょうか。
実は18歳以上の8人に1人は難聴と言われています。
そのうち14%ほどしか補聴器を使用しておらず残る86%は放置しているのが現状です。
日本以外の先進国は補聴器に関しては公的補助が充実しており耳鼻科を受診し正確な難聴の診断が成されたのちに補聴器の専門家に依頼する体制が整っています。
補聴器に対する満足度もドイツやフランスでは80%近くの方が補聴器に満足しているのに対し、
日本ではわずか30%足らずで大きな格差があります。
その大きな理由は補聴器の販売が野放しになっているために適正な補聴器を患者さんの聴力に応じてきちんと調整できていないからなのです。
欧米では補聴器により難聴のある高齢者でも積極的に社会貢献しています。
一方日本では難聴のために会話が成立せずに引きこもってうつ状態になったり認知症が悪化したりするケースが多くみられます。
補聴器は医療器具ですのでまずは耳鼻咽喉科を受診しきちんと耳の検査を受けられてから医師に相談して、
専門の技術者に補聴器を調整してもらった方がいいのではないでしょうか。
(2014年8月)
:80歳の父が半年ほど前から受け答えがおかしくなり、病院に行ったところ軽い認知症と言われました。
耳の聞こえも悪いので補聴器をかけた方がいいのか迷っておりますが、最近特に難聴が進んでいるような気がします。
やはり耳鼻咽喉科に一度受診した方がよろしいでしょうか。
A.まず難聴を放置すると認知症が進行すると言われておりますので、まず難聴の原因を調べる必要があります。
難聴の原因として高齢者に多いのは耳垢が詰まっている場合でお風呂などに入った後、耳に水が入ると耳垢がふやけて膨張し完全に耳が詰まって聞こえが悪くなります。
耳垢の掃除ですぐに聞こえが良くなり補聴器の必要がなくなるかもしれません。
仮に老人性の難聴だった場合はなるべく早期に補聴器を装用することをお勧めいたします。
人間の体は長期間使わないでいると衰えるものです。
聴覚もしかりで難聴の状態が長く続くと脳が刺激されない状態が続き、結果として音を認識する能力が衰えてしまい、補聴器をしても言葉の理解ができなくなったりします。
また難聴になると聞くのが面倒になり適当に聞こえたふりをしたり、会話自体を拒絶し結果としてひきこもりやうつ状態になったりする場合もあります。
しかし難聴を放置すると自動車のクラクションに気づかず事故に巻き込まれたり、電話の呼び出し音、病院などに受診した場合には説明が聞き取れないなどの様々な場面で不都合が生じます。
認知症の方の場合は受け答えがおかしい原因が難聴のためなのか、あるいは認知症によるものかは見ただけではなかなかわかりません。
(2016年1月)