魚骨

:魚の骨が刺さったらご飯を丸呑みするとよいと言われていますが本当でしょうか?
A.アジやウナギなどの細い骨は扁桃腺に刺さることが多く、サケなどの太い骨は食道の入口に刺さることが多いといわれています。
扁桃腺に刺さった場合はどちらかの側のあごの下くらいが痛くなり、食道の入口に刺さった場合はのどぼとけより下の部分が痛くなります。
扁桃腺に刺さった場合は口を大きく開けると見える場合があります。
その場合はご飯を丸呑みするのではなく、水でかまいませんのでうがいをしてみましょう。
もしそれで取れなければ耳鼻咽喉科に受診することをお勧めします。
食道の入口付近に刺さったような場合はご飯を丸呑みにするのは大変危険です。
また時間が経ってくるとのどが化膿してくる場合もありますので病院に受診して下さい。
 :1週間前にカレイを食べたときに骨がのどに刺さったと思うのですが、しばらく様子を見ていたら一旦痛みが落ち着いたのでとれたのかと思っていました。
最近また同じ場所が痛くなってきて少し熱っぽいのですがまだ残っているのでしょうか?
 A.魚の骨が刺さった場合は種類によっては要注意です。
カレイなどの比較的太い骨は咽頭の粘膜を突き破り外側へ出てしまう場合もありますので注意してください。
またサンマなどの細い骨の場合は扁桃などに刺さり炎症を起こすこともあります。
いずれにしても刺さったと思ったら様子は見ないで2・3日中には病院に受診し骨が残っていないかどうか確認してもらった方がよいでしょう。