のどの検査

往来の内視鏡に比較して鮮明な画像の得られる電子内視鏡で咽頭、喉頭の異常がないか詳しく診察します





電子内視鏡本体です






鉗子付きファイバーによる魚骨異物摘出

(患者さんの承諾を得て掲載しております)

咽頭の反射(ゲーっとなる方)はのどに魚の骨が刺さったりすると取るのに大変です
内視鏡的に鉗子を使って摘出すると簡単に取れます



電子内視鏡による声帯の観察

(患者さんの承諾を得て掲載しております)

両側の声帯が出血しています



喉頭ストロボスコピー検査
声を出す器官である声帯は発声時に1秒間に100回以上の高速で振動しています。
声帯の振動が不規則になると声がかれたりしますが細かな振動は内視鏡を使ってみてもはっきり分かりません。
ところがストロボスコピーを用いることによって、
スローモーションで声帯の動きを観察することができ細かな声帯の振動が分かります。
声帯ポリープやガンなどの発見にも有用で音声障害の診断に欠くことのできない検査になっております。



喉頭ストロボスコピー検査の本体です。



音響分析
患者さんの声を機械的に分析することで、病的な雑音がないかどうかなどを調べるための検査です。
ガンやポリープなどによる声枯れの診断に有用であるばかりでなく、
歌手などの職業で声を使う方では自身の声のチェックにも有用です。
声の治療経過の効果の判定にも用いられます。


音響分析検査の本体です。グラフ形式で結果が出ます。

Copyright (c) 医療法人社団 うえはら耳鼻咽喉科クリニック All right reserved.