無呼吸

(気になる質問をクリックして頂ければ、回答を見ることが出来ます。)

睡眠時無呼吸症について教えて下さい。

A:
睡眠時無呼吸症候群は最近よく新聞でも取り上げられ御存知の方も多いと思いますが、この病気は読んで字のごとく睡眠中に呼吸が止まる病気で本人は息が止まっていることはもちろん分かりませんが、十分な睡眠時間をとっているにもかかわらず、眠りが浅くなるために日中に眠気がよく起きて昼寝をしてしまったり、居眠りをして自動車事故を起こしたりします。
いびきを合併し肥満気味の人に多い病気です。
一晩の睡眠中に10秒以上の無呼吸が30回以上、もしくは1時間あたりの無呼吸回数が5回以上を睡眠時無呼吸症と診断することになっております。
治療としてはその重症度により違いますがまず肥満に対する減量が大切です。
ただ当面の治療としては花に人工呼吸器のようなCPAPと呼ばれるマスクを装着したり、のどの中が狭い場合には耳鼻咽喉科でのどの中を広げる手術をしたり、歯科装具を使ったりします。
この病気は睡眠中に呼吸が停止している間酸素不足になるために心臓や肺などに負担がかかり、気が付かずに放置すると高血圧、心臓病などの原因となる場合もあることから注意が必要です。

寝ている時に息が苦しそうと言われますが何か異常があるのでしょうか?

A:
寝ている時に息が止まる場合は、睡眠時無呼吸症候群と呼ばれる病気が考えられます。
これは睡眠中に呼吸が止まる病気で本人は息が止まっている事はもちろん分かりませんが、眠りが浅くなり十分な睡眠時間をとっているにもかかわらず日中に眠気がよく起きて昼寝をしてしまったり、時には居眠りをして自動車事故を起こしたりなどのさまざまな悪影響があります。
また長期間にわたり放置すると心臓などに負担がかかり高血圧などの原因となったり、また突然死の原因にもなることがあります治療としては鼻に人工呼吸器のようなCPAPと呼ばれるマスクを装着したり、のどの中が狭い場合には耳鼻咽喉科でのどの中を広げる手術をしたりします。心当たりのある方は一度耳鼻咽喉科での詳しい検査を受けられるとよいでしょう。

私は以前妻に、いびきが大きいと言われ病院で検査したところ睡眠時無呼吸症と言われました。治療を勧められましたが特に自分自身困っているわけでもないので病院には行っていません。ただ最近血圧が高めです。なにか関係ありますか?

A:
睡眠時無呼吸症はいびき、昼間の眠気などが有名な症状で他には目立った自覚症状は有りませんが知らない間に高血圧、心臓病、脳血管障害などの原因となると言われております。
最近の研究では健康な方と比べ死亡のリスクが6倍高まるというデーターも出されており、特に重症の無呼吸では健康そうに見える方に比べ平均寿命が短いそうです。
ただこうした無呼吸症の方でも 早めにきちんと治療をすれば健康な人と同じよな寿命になると言われております。
今からでも治療をはじめてみてはいかがでしょうか。

先日病院で重症の睡眠時無呼吸症候群と言われました。CPAPという治療をすすめられ、2,3日試してみましたが鼻が苦しくてとてもできませんでした。特に日中眠くなったりもしないのでこのまま治療しないで様子見ても大丈夫でしょうか?

A:
睡眠時無呼吸症候群は一般に夜間の十分な睡眠ができないために日中眠くなったり交通事故などの危険があることはよく知られております。中には眠気などの症状を自覚していない方もおり、治療する気になれない方がいることもあります。
しかしこの病気は合併症として高血圧、脳梗塞、心臓病などがあり、治療しない場合はこれらの合併症のため5年後には2割、8年後には4割の方が死亡しています。
無呼吸の治療を行うと血圧の薬がなかなか効果がない方が良くなったりすることもしばしばです。
ですから重症の無呼吸症でしたら合併症が出ないうちに治療を始められることをお勧め致します。

睡眠時無呼吸症で病院からCPAP治療器を借りて毎日行っております。器械を付けていれば眠気もなく毎日快適に過ごせるのですが治療費のこともあり何とか病気を治したいのです。やせれば治ると言われたのですがどの程度痩せるといいのでしょうか?時々睡眠薬も服用していますが薬を飲めば無呼吸もよくなりますか?

A :
睡眠時無呼吸症は夜間寝ているときにのどの奥が閉塞して呼吸ができなくなり。目が覚めて呼吸が再開し、再び睡眠状態に入ると無呼吸が起こることを繰り返します。その結果十分深い睡眠がとれないため十分な睡眠時間をとっているにも関わらず眠気が襲ってきます。肥満が一番の原因と言われており、確かに減量によって無呼吸は改善します。10%の減量で無呼吸の回数は26%ほど減るとの報告があります。20歳の時に無呼吸がなければ20歳のときの体重が理想といわれております。減量は無理せず徐々に行ってください。私も以前に肥満だった時期があり睡眠時無呼吸症でした。今は減量して病気もよくなりましたので食事制限のみの減量ではなく運動も合わせて行ってみてください。また睡眠薬などのお薬は無呼吸を悪くしてしましますのでなるべく控えたほうがよろしいです。

3歳の子供がイビキがひどく寝ている時に呼吸が苦しそうで病院に受診したところアデノイド肥大と言われました。日中も鼻が詰まっているようで口を開けて息をしております。病院ではアデノイドは成長に伴い段々小さくなるので様子を見るように言われました。このまま様子を見ていても大丈夫でしょうか?

A :
アデノイドや俗に扁桃腺(正式には口蓋扁桃こうがいへんとう)の肥大はイビキや睡眠時無呼吸症候群を引き起こします。確かに成長に伴い相対的にアデノイドは小さくなるのですがそれを待っていた場合に問題はないかということでは注意が必要です。アデノイドや口蓋扁桃は免疫作用を持っているためあまり小さいうちに手術で取ってしまうと免疫機能に影響が出てくる可能性があると言う意見と、口呼吸や睡眠時無呼吸症候群を放置してしまうと顎の発育に影響が出て将来重症の睡眠時無呼吸症候群になってしまう危険性が出てきてしまうという意見もあるからです。耳鼻咽喉科の専門医の間では3歳から4歳頃であればアデノイド、口蓋扁桃を手術しても免疫機能に影響がないというデータもあることから、子供の正常な発達に影響しないように、無呼吸症候群が重症であれば積極的に手術をする方向にあります。家庭で確認できることとしてお子さんが寝ている時の呼吸状態をビデオに撮影して下さい。お子さんの顔とあばら骨の下の部分が映るようにしてください。10秒以上呼吸が止まりあばら骨の下のみぞおちがぐっと凹んできた後にイビキとともに呼吸が再開されるようならかなりの無呼吸がある可能性がありますので、病院で検査をしてみて手術を検討されてはいかがでしょうか?

子供が夜寝ているときにとても息苦しい感じでいびきをかいて寝ています。時々おねしょしたりもするのですがこのまま様子をみていてもよいでしょうか?

A:
寝ているときにいびきをかいて頻回に呼吸が止まるのでしたら睡眠時無呼吸症候群が考えられます。この病気はお子さんの場合扁桃肥大、アデノイド肥大などにともなっておこることが多く日中も口呼吸をよくしています。日中の症状として昼間眠そうにしていることが多いとか落ち着きがなくADHD(注意欠陥多動性障害)とか発達障害を合併したり。またおねしょも無呼吸症の症状の一つです。さらに睡眠中の呼吸障害が続くと鼻閉や口呼吸を伴うことにより歯列、顎顔面形態の発達障害をきたすと言われております。特に下顎の発達が抑制されると大人になってさらに重症の無呼吸症を引き起こす原因になることが言われております。お家で確認できることはまずお子さんの寝ているときに胸とおなかの動きをみてください。睡眠中に息をしていないのに胸の真ん中がへこむような動きをしていたら要注意ですので病院で検査をお勧めいたします。