難聴

(気になる質問をクリックして頂ければ、回答を見ることが出来ます。)

ヘッドホンで長時間音楽を聴いていますが大丈夫でしょうか?

A:
日常的にヘッドホンで聞く人は難聴になりやすくなります。
個人差はありますが、ヘッドホンやイヤホンなどの使用による大きな音で耳の内耳が傷つき、難聴を起こすと言われております。
一般的に難聴は日常会話に含まれない高音部から起こることが多く気づきにくいため大きな音を聞き続け、結果として中から低音域まで難聴になってくると初めて難聴を自覚します。
しかし、この頃になるとすでに治療による回復は期待できなくなります。
できるだけ早期に難聴に気づき進行しないようにすることが重要です。
日常的に騒音下で仕事をする方、もしくは音楽を聴く方は定期的に耳の聞こえをチェックしておくことが大切で、難聴になってもすぐであれば治療により回復する可能性があります。
基本的に85dB以上の音を聞き続けると難聴のリスクが高まると言われており、例えば90dBの音は工場などの騒音や犬の吠える音位になります。
このくらいの音を2時間半にわたり聞き続けると難聴になるリスクが高まります。
100dBの音は電車の高架下にいるときと同じで、このような騒音化で音楽を聴こうとするとそれ以上の音を聞くことになり、15分で難聴になる可能性が高まります。
騒音下でヘッドホンを使うときは遮音性の高いヘッドホンを使用し、できるだけ適度に耳を休ませて長時間聞くのはできるだけやめましょう。

2歳の子供ですが、呼びかけに反応がないような気がします。生後すぐの検査では問題ないと言われましたが病院に検査に行った方がいいでしょうか?

A:
生後すぐには脳波による聴力検査を行い、生まれつきの難聴をスクリーニングすることが一般化しております。
しかし、生後の検査で問題なくてもその後に徐々に難聴が進行する病気もあります。
また、おたふくなどでも難聴が起こることが知られており、ほっぺたが腫れずにおたふくにかかったことに気づかず、難聴になって気づかないケースもあると言われております。
難聴に気づかずにいると言語の発達に遅れを生じ、1-3-6ルールと言って、生後1か月までに聴覚スクリーニングを施行し、生後3か月までに精密聴力検査を行い、生後6か月までに補聴器などで聴力を改善させなくてはならないと言われております。
ですから、できるだけ早く検査をすることが重要です。
病院に受診してみてください。

おたふくで難聴になることがあると新聞で見ました。本当ですか?

A:
おたふくは正式にはムンプスというウイルスによる感染で起こる病気です。
一般的は、耳の下が腫れて熱が出る病気として知られており、あまり恐ろしい病気であるとは考えていない方も多いと思います。
しかし、このウイルスは様々な合併症を起こすことで知られており、もっとも重大なのは髄膜炎で命にかかわる重篤なものです。
またそのほかにも卵巣・精巣の炎症や難聴もあります。
問題なのは、この難聴になると残念ながら治療法がないことです。
従来は非常にまれな合併症と思われておりましたが、最近の研究では数百人に一人は起こることが分かってきました。
対策としては予防接種しかありません。
まだおたふくにかかっていないようでしたら、是非予防接種をお勧めいたします。

最近会社の検診で難聴があると言われ耳鼻咽喉科で検査をするようにいわれました。聞こえが悪いような自覚症状はなく時々キーンという耳鳴りがするくらいです。工場でうるさい音を聞いてますがそのせいで難聴になってきたのでしょうか?

A:
騒音を聞いているとのことで考えられるのは騒音性難聴です。長期間騒音を聞くと耳の音を感じ取る内耳が破壊され難聴がおこります。たいてい50才くらいから耳鳴りも起こり始め加齢とともに徐々に悪化します。治療法はなく難聴が進めば補聴器をつけることになりますので日頃から騒音を避けるように耳栓を装着しなければなりません。若いうちは軽い耳鳴り程度なので耳栓もしないで仕事をすることもあるかもしれませんが、耳鳴りが悪化して病院に受診してもなおりませんので予防が大事になります。難聴も最初は高音域の悪化のみで日常会話にはあまり支障がなく難聴に気づきにくいのですが進行すると会話が不自由になり補聴器しか有効な手段がなくなります。早めに聴力検査をして聞こえの状態も確認してください。

親が難聴で補聴器をしております。今のところ自分はまだ聞こえは大丈夫ですが難聴が進まないように注意することなどありますでしょうか ?

A:
高齢になると多かれ少なかれ難聴になる方が多くなりますが個人差があります。もちろん遺伝性の要因もあるのですが生活習慣も大きく関係しております。適度な運動や禁煙、規則正しい睡眠、栄養のバランスの取れた食事など老化の原因となる酸化ストレスを減らすことが大事です。また大音量でテレビをみたり、騒音などが多い職場で耳栓をしないで仕事をしたり、静かな場所で耳を休める時間が作れないなどがあると内耳の酸化ストレスが増大し難聴が進行します。抗酸化剤と言われるポリフェノールやコエンザイムQ10、ビタミンC、ビタミンE、β―カロチンなどを含む食材を多くとるのも難聴の予防によいでしょう。難聴が進行してしまってからでは聴力が良くなることはほぼありませんので、予防が大事です。今すぐにでも始めてみてはいかがでしょうか